ノンフィクション

ストレスレスになりたいあなたへ!『反応しない練習』《読書感想・レビュー》

投稿日:2017年1月25日 更新日:

こんにちは、かのです。

かの
最近、モヤモヤ、イライラ多い~

情緒不安定ですかね icon-frown-o
怒ったり、悩んだり、苦しんだり…
そして、イライラして態度出ちゃったり。

このモヤモヤはなんなんだ~~~~!

モヤモヤしていやだなあ、コレ無駄なんじゃない?
って思ってた時にAmazonさんがオススメしてくれたのがこの本でした。

反応しない練習

 

悩みがでてくるのは”心が反応”するから

 〇悩みの原因は、〝心の反応〟である。
〇〝心の反応〟の背景には〝求める心〟や〝七つの欲求〟(特に承認欲)がある。
〇心の状態をよく理解するには──
 ①言葉で確認する、②感覚を意識する、③貪欲・怒り・妄想の三つに分類する。

わたしの場合、瞬間的に「モヤッ」とくるんです。
そして、このモヤっとが何かと分析を始める…そこからの妄想三昧。
妄想を正論化…そして

大爆発!!! 

がいつものパターン。
イラつきが時限爆発みたいに爆発するんですよね icon-meh-o

ってことは、モヤっときたら妄想をはじめる前に
「所詮妄想だろ?」って言っちゃえばストッパーになるのかな?

この『妄想』って呪文は効くかもしれない!
自分で勝手に描いた妄想で怒ってみたトコロでねぇ^^;

かつての願いが、かなわなかったという事実がある。だとすれば、その「願い」は、もはや存在しない「妄想」なのです。

「こうでなければ」という、自分の人生や、相手への期待も、それだけならただの「判断」。それはアタマの中にしか存在しないから「妄想」です。

一部しか見ていない──そもそも立っている場所も、見ているものもまったく違う──にもかかわらず、すべてを理解した気になって、「自分は正しい」と思い込んでいる、ということです。

本を読み進めて行くと、思った以上にわたしは妄想がひどいことがわかった。
アレもコレもソレも、いままで苛立ってきたすべてが妄想に思えてくる。
ていうか、まわりの人が怒ってることもすべて妄想だらけじゃないですか。

かの
みんなが妄想やめたらどんなに世界平和達成できるんじゃない?

いや、それはもう人ではないか…

「人は人。自分は自分」という明確な境界線を

本当は、「自分も、他人も判断しない」ことが、一番なのです。そうすれば、心を別の喜び・満足に使えるからです。素直で、ラクな自分になっていけるのです。

ブッダの考え方のポイントは、「世間にはこういう人もいるかもしれないが、わたしはこうしよう」と、他人と自分との間にきっちりと線を引いていることです。

『人は人。自分は自分』はわたしの2017年のテーマです。
→くわしくは過去記事へ

出てくるもんですね。よっぽど縁があるらしい…
反応しない練習を積んで、今年のテーマ達成したいです!!

まとめ

この本の『反応しない練習』法はブッダの言葉を元に書かれています。
お恥ずかしながら、お家が一応仏教なのにブッダの言葉をよく知らなかったんです。

ブッダの言葉は、人間の心理をついてますね。
そして、現代人のためにわかりやすく著者が書いてくださってます。
昔の人の知恵をわすれて息苦しく生きる現代人にオススメです。

反応への対処の仕方をいろんな事例に合わせて教えてくださいます。
たとえば、他人と比較すること、順位・成績、自分の価値、欲についてなど
心の反応への考え方がわかりやすい♪
すこし、心の整理の仕方がわかった気がします!

あとは日ごろで実践あるのみ!
妄想を減らし、ストレスを減らし

かの
これで情緒安定、仏のかのさんになれるかな~♪

 

-ノンフィクション
-, ,

Copyright© 読書ノート , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.