ノンフィクション

今年こそ!手帳を使いこなす!!『まずは、書いてみる [時間][アイデア][やりたいこと]がどんどん湧き出すメモの習慣』《読書感想・レビュー》

投稿日:2017年2月16日 更新日:

こんにちは、かのです。
わたしがそれほど忙しい身ではありません。
でも時間管理ができてなくって後悔することがあります。
それはたぶん暇人だからこその悩みかもしれません・・・。

ブログをしていると『やったほうがいいよね』くらいのタスクが多いんですよ。
ダラダラしてると、やった方が良いのは知ってるけどなかなか実行できてない。
できないわけがないのに!

ちゃんとしてる人は手帳にやることリスト書いて、時間を確保してるんだろうな…。

手帳へのあこがれが果てしないです。

ブログって意外とやる事多いからスケジュール帳管理について考えよう!

ブログのタスク

ブログ書くって当然、記事を書くのはもちろんなんだけど…。

それ以外のことでした方がいいよって言うことが多い気がする。
気のせいかな???

例えばね。

  • 記事になりそうなネタを探す
  • 記事の元となる行動(読書・遊ぶ・サービスを試す…)
  • 記事を考える。

ここまでは、ブロガーにとっても基本業務。
これだけでも結構たいへん!
定期的に記事を更新しようと思うとこれをくり返すだけで精一杯になってしまう。

それ以外にも…

  • Twitterを運営する。(ブログ更新の告知・雑談)
  • アクセス解析をチェックする
  • 記事をリライトする
  • ブログを見やすいようにカスタマイズする
  • 複数ブログをもつ場合それも更新作業をする

そうこのあたりになると…。

かの
やった方が良いよね。そうだよね~。やるべきだよね~

って思いつつ放置してしまってるところ。

なぜできないのか

それはね。
ダラダラしてると、後回しにして順番が回ってこないから。

そして、たまに時間が空いていても、

すっかり忘れて思いつかなかったり…「また、今度でいっか。本読も♪」
とか、すぐに別のことをしてしまうから。そしてダラダラ~って時間は過ぎて行く…。

すなわち!!
優先順位が上がってこないから、順番が回ってこない

そして…放置。

手帳を使おう、タスク管理をしよう!

わたしは、A5の大学ノート使ってます。

用途は、アイディアノートがほとんどです。
忙しいなって思って気が向いたときだけタスク管理にも使います。

スケジュール帳は昨年は持ち歩きませんでした。
なぜかって?

かの
使いこなせないから
あと、使わらなくてもこまらないから

iPhoneのカレンダーで個人的な予定を管理しておけば、アラーム鳴ってしらせてくれるし♪
手帳を持ち歩かなくても困らない!

余裕があるからこそ、スケジュール帳と睨めっこして、計画を立てる必要もなく…
お気楽なもんですわ~~。

でも、いまはちょっとちがう。
家でやりたいことがいっぱいあるんです。
時間の使い方を考え直さないとドンドン時間ばかりが過ぎて行ってしまう。

スケジュール帳をつかってタスク管理をやらないと!!!

スポンサーリンク

 

参考にしたのは『まずは、書いてみる [時間][アイデア][やりたいこと]がどんどん湧き出すメモの習慣』って本

「時間の使い方なんとかしなきゃなあ。」
と頭の片隅にチラチラさせながら本屋を歩いとる時に
『まずは、書いてみる [時間][アイデア][やりたいこと]がどんどん湧き出すメモの習慣』を見つけました。

こういう手帳術の本ってコンビニにもよくあるくらいどこにでも売ってるんですよね~。似たような本が定期的に!
でもこの本は他とは違う!!!

この本は、そこらの手帳特集ムックとはわけが違う!

よくある手帳特集の雑誌や本って・・・

よくある本(雑誌)って…

バシっとスーツを着こなし仕事してそうなキャリアウーマンの手帳をもって働く姿とともに、

「わたしはこんな仕事をしています。
だから、こうこんな風にスケジュール管理をしています」
みたいインタビューが、載ってるんです。
その人の仕事内容とかも書いてあったり…。

そして、手帳の写真が貼ってあって、工夫してるところに矢印やらマークとコメントが書き込まれてる。いつもこのパターン。

まずこの手の記事、見飽きた。

業種が違ったりすると、参考にし辛かったり…
何人もインタビューしてるから、工夫してる部分が似てたり…

かの
結局ページ数の割に得る者がすくなかったりするんですよね。

 

この本は違う!

わたしも、

かの
どーせ、いつもの感じなんでしょう~

ってそれほど期待せずに、
本屋さんでみつけてパラパラっと立ち読みしてみたんです。

こいつは違うゾ!!

 

この本は、1つの項目は、2ページから4ページで構成されています。
写真は手帳だけ、手帳の利用主の人柄とか仕事っぷりとかは関係なしです。

手帳の書き方のだけにスポットライトが当てられていてわかりやすい!
シンプルだからこそ、自分に置き換えやすい!

それに、この1冊でいくつのアイディアが入ってるんだろうって思うくらいの充実っぷりです!

かの
これは買ってじっくり読むしかないじゃないか~~~

買いました。読みました。

読むのは一瞬です。写真も多いからか1時間半くらいでサクサク読めました。
というか、パラパラめくるだけでもとっても楽しい!!

普段、読み終わった本は基本的には本棚に仕舞い込むんです。

これは手元に置いてチラチラ何度も読みたい本だなと思いました!

購入の上での注意!

Kindleでの購入はお勧めできません。
カラーで綺麗な写真が使われてる本って、そのままKindleサイズにされちゃうと読みにくいんですよね・・・。
Amazonのレビューにもそういった声がありました。

紙の本で買われることを強くオススメします!
できれば、手帳術のレベルに寄っても、好みがわかれると思うので・・・。
本屋で購入する際に、チラッと立ち読みした上での購入がオススメです。

本の内容

はじめに
序章 だから「書いてみる」
第1章 「毎日忙しい」を解消する時間管理の手帳術
第2章 食事の記録にコーディネートノート…日々記録する楽しみ!
第3章 仕事のパフォーマンスが上がるメモの方法
第4章 夢や目標は書くことで現実になる!
第5章 手帳&ノートがもっと私の味方になる使い方Q&A

本書の内容は仕事術とか時間術ではありません。
メインはどこまでも手帳です。

手帳の写真があって、利用例とその解説

それが手帳のアイディアの数だけつづきます。

わたしのオススメは5章です。
つまづきがちな質問に答えてくださってます。かゆい所に手が届く章ですね!
手帳を使いたいのに、挫折してしまう…。その原因の質問に答えてくれます。

例えば、この本を読むまで『バーチカル』っていう言葉もわかってなかったんです。
たしかにウィークリーってどう使うか迷うんですよね。ウィークリーってどう使うの?

あと、複数手帳もつと重たいよ。藍玉さんならどうしてる?

って感じです。答えはぜひ本で読んで確認してくださいね。

試してみたいアイディアが盛りだくさんでした。
すこしずつ取り入れて自分なりにアレンジしたいですね!

 

まとめ

実は、時間管理しなきゃなあ。っと思いながらもずっと後回しにしてました。

スケジュール帳なくっても生きて行けるしなあ~

って思って、興味ももってなかったんです。
でも、この本読んだら買うしかない!!!ってなって…

かの
Amazonでこの手帳を購入しちゃいました~。

定番の『ほぼ日手帖』も悩んだんですが、真っ白な手帖を何度も見てきたので…。
まずはこの手帳でリハビリ!

しっかり、ウィークリーとマンスリーついてるし!
きっと使いやすいに違いない♪
またこちらの手帳のレビューもするかもしれません。

おすすめの過去記事

EvernoteやOnenoteに変わるアイディアが出てくる最高のメモ帳!『Milanote』

手帳が好きなそんなあなたにお勧めのWebサービス!
手書きもいいけど、やっぱりブログのアイディアだしはこっちかなあ。
手帳をかっても変わらず使っていきたい素敵なサービス!

たまにスタッフが英語でアドバイス?くれるので翻訳駆使して返事を返すという遊びもできたりします(違)
今日は
「ユー、共有しないの?(訳はテキトー)」
ってスタッフに言われたので

かの
素敵なアドバイスをありがとう。でも共有することもする人もいないよ

って返したら…
「Oh, OK. Maybe one day :)」

って帰ってきたよ。寂しい奴って思われたかな?
とりあえず、すごい世の中だね、アメリカ人と英語のできない私が会話ができる!

あ!ちなみに、うちで一番人気の記事です♪

-ノンフィクション
-, ,

Copyright© 読書ノート , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.